採用情報

  • ホーム
  • 採用情報
  • 河原隆 2005年入社

河原隆 2005年入社

良い仲間と良い仕事のできる、とても良い法人です♪

河原 隆
2005年入社
東海大学
西恋ヶ窪にんじんホーム
生活相談員

にんじんの会に入った(この仕事を選んだ)きっかけ・理由

きっかけは人と直接的にかかわる仕事がしたいと考え、ヘルパー2級の資格をとり介護の仕事をしようと思ったことです。
初めは施設で働きたいと思ったところ、西恋ヶ窪にんじんホームがオープニングスタッフを募集しており、特徴としてユニット型の施設で個別ケアマネを推進していることに魅力を感じ、ぜひにんじんの会に就職したいと考えました。

今の仕事のやりがい(魅力)

自分自身の行った仕事の反応が直接自分自身に返ってくることや、ご利用者様やご家族様から笑顔をいただけた瞬間が本当にうれしく感じます。また、認知症の方もたくさんおり、大変なイメージがあるかと思いますが、現場で仕事をしている立場から言えることは、むしろ逆で、とても楽しく思えることが多いです。認知症になり、今まで通りの生活ができなくなったり、周りに迷惑をかけてしまう・・・。しかし、ご本人は認知症のある今の状態が普通の状態で、そのことを理解し、ケアを行うことで、沢山の笑顔を見ることができ、お互いに幸せな気持ちになれることもあります。根拠を理解し仕事をすることで、とても多くのやりがいを感じることができます。人と直接的に関わる仕事の醍醐味はそんなところにあるのでは?と思い、仕事に励んでいます。

今後の目標

医療、介護、地域などと連携し、地域の方々と共に介護が必要となった方へのアプローチを増やすことできるよう、生活相談員として関わることができればと思います。

印象に残ったエピソード

私が入職してから2~3年した頃、あるご利用者様で、入所した際には全介助で発語も全くない方がいました。その方に、ある夜勤専門職員が、夜勤に入るたびに切々と話しかけ、コミュニケーションを取り続けました。来る日も来る日も話しかけ、気づくとその方は、なんと話をすることができるようになりました。それがきっかけで、自立性も回復し、ご自身で食事をとることができるようになり、ついには他の利用者の世話(話しかけるなど)もして下さるようになった事例がありました。その方にお聞きするとその夜勤職員がとても気に入っていたそうです。人は気の持ちようで、色んな事が大きく変わるのだなと、とても感動したことを今でも覚えています。声掛けはとても大切です。

学生さんへのメッセージ

どんな仕事でも同じですが、いい仕事をするには良い仲間が必要です。にんじんの会はそんないい仕事ができる、良い仲間がたくさんいます。ぜひ、にんじんの会の流れに参加してもらえればと思います。就活頑張ってください!

  • 特定非営利法人 ケア・センターやわらぎ
  • 子はたからプロジェクト
  • だんだんダンス
  • 当法人の仕事がよくわかるマンガを公開中
  • マイナビ 2021